阪神浜地ほろ苦デビュー6失点「悔しさの残る登板」 – 日刊スポーツ

阪神浜地ほろ苦デビュー6失点「悔しさの残る登板」  日刊スポーツ

プロ初先発した阪神浜地真澄投手が、2本の本塁打を浴びるなど4回9安打6失点で降板した。初回、先頭の吉川尚に全球直球勝負で遊ゴロに。続く2番坂本勇に中前打を ...