平成最終戦で左ゴロ、原監督は岡本走塁死を責めず – 日刊スポーツ

平成最終戦で左ゴロ、原監督は岡本走塁死を責めず  日刊スポーツ

平成で最も勝利を挙げた巨人が、貯金6のセ・リーグ首位で新時代の幕開けを迎える。平成最後の一戦は、先発のルーキー高橋優貴投手(22)が7回3失点でプロ初黒星を喫 ...