広瀬コーチ6・6秒で判断の決勝点裏側/カープ観測 – 日刊スポーツ

広瀬コーチ6・6秒で判断の決勝点裏側/カープ観測  日刊スポーツ

6・6秒で、広島広瀬三塁コーチは何を考えたか。5月3日巨人戦。3-3に追いつかれた後の8回1死一、三塁の攻撃。西川の滞空時間6・6秒の高く、浅い左飛で三塁走者…