スチュワート、ソフトバンク入りを両親も大賛成 – 日刊スポーツ

スチュワート、ソフトバンク入りを両親も大賛成  日刊スポーツ

昨年の全米ドラフト1巡目で指名されたものの、交渉が成立せず、25日にソフトバンクと契約したカーター・スチュワート投手(19=東フロリダ州立短大)が30日(日本時間31日)、米カリフォルニア州ニューポートビーチ市内の代理人事務所で入団会見を行った。背番号は「2」に決まった。 スチュワートの両親にとっても、日本行きは大賛成だった。父スコットさん(55)は「彼自身が決めたことで、その決断を信じたい。大学に行くにしても家から離れるんだから」と話した。唯一、残念なのは一緒にゴルフができなくなること。1日の来日後、しばらく福岡に滞在する予定の母パトリシアさん(44)は「彼がハッピーになるのであればいい。あとは、少し料理を教えておくわ」と笑顔で話していた。