巨人坂本“神走塁”タッチかいくぐりホームイン – 日刊スポーツ

巨人坂本“神走塁”タッチかいくぐりホームイン  日刊スポーツ

巨人坂本勇人内野手(30)が“神走塁”で同点のホームを陥れた。 1点を先制された直後の1回2死一、二塁、大城の右前打で二塁から本塁に突入。タイミング的には微妙だったが、捕手武山のタッチをかいくぐって、ベースの端を左手で触った。 同点適時打の大城は「守備でミスをしたので、何とかしたかった。食らいついていきました。坂本さんの走塁にも助けていただきました」と感謝した。