清宮1号、テーピングの長さがカウントダウンに – 日刊スポーツ

清宮1号、テーピングの長さがカウントダウンに  日刊スポーツ

日本ハム清宮幸太郎内野手(20)が、メモリアルアーチをかけた。30日のロッテ11回戦(札幌ドーム)で5点リードの4回1死一、二塁でバックスクリーンへ今季1号3ラン。右手有鉤(ゆうこう)骨骨折から復帰し、6試合24打席目での1発で、球団通算8000号の節目を飾った。チームは4連勝で、貯金を1とした。 真骨頂を発揮した。5点リードの4回1死一、二塁。清宮が待望のアーチを描いた。内角低めを突く141キロ直球を、しなやかなスイングではじいた。弾道は高々と弧を描き、バックスクリーンに到達。今季1号に「一番は、ホッとしました。やっと出てくれたな、と」。ダイヤモンドを駆け抜け、はじけるような笑顔で先輩に迎え入れられた。 球団通算8000号のメモリアルアーチになった。お立ち台では「前(の回)に中田さんが1本打ってくれたおかげなので…」と小さく頭を下げた。「今までも、たくさんの先輩方が打ってきた中で記念すべき1発。恐縮です」。将来、チームを背負っていく主砲にふさわしい節目を飾った。 テーピングの長さが、本塁打へのカウントダウンになった。今年1月。かねて痛みを抱えていた右手首の衝撃を減らすため、バットのグリップにテープを巻き始めた。「本当は付けたくない」と抵抗があったのは、テーピングでバットを短く握ることを強いられたから。開幕を迎えるための、苦渋の決断だった。 手術に踏み切った後も、テープを3周...