県岐阜商新ユニホームと智弁対決を見に静岡~奈良へ – 日刊スポーツ

県岐阜商新ユニホームと智弁対決を見に静岡~奈良へ  日刊スポーツ

5月24日から26日間まで、春季東海大会と近畿大会をはしご取材した。 「智弁」がいっぱい 【24日】 午前7時過ぎ、都内の自宅を出発。東海大会の行われる静岡へ向かうため新横浜へ。「ひかり」で静岡へ。静岡まではノンストップで約40分。あっという間に到着した。改札でフリーライターのNさんと合流。徒歩で新静岡駅へ。静岡鉄道に乗り換え県総合運動場まで約10分。午前9時過ぎ、静岡球児の聖地、草薙球場に到着した。 球場入り口前でいつも通り、沢村栄治とベーブ・ルースの像が出迎えてくれた。1934年12月の日米野球。この地で沢村栄治がベーブ・ルースから三振を奪うなど快投を演じた。歴史ある球場を訪れるのは楽しい。 午前10時、第1試合が始まった。地元静岡の優勝校・浜松商と愛知黎明の一戦。浜松商が5-4でサヨナラ勝ち。16年ぶり出場での白星。浜松商は次の準決勝も勝ち決勝進出。準優勝を果たした。春の快進撃が名門復活への足がかりとなるか。熱狂的な「浜商ファン」も夏が待ち遠しいはずだ。 第2試合は県岐阜商-中部大第一(愛知)。県岐阜商のユニホームを見て驚いた。なんと秀岳館(熊本)そっくりではないか。昨年3月にOBの鍛治舎巧監督が就任。今年で2年目となるが、前任の秀岳館そっくりの新しいユニホームで東海大会に乗り込んできた。春の県大会でユニホームをマイナーチェンジしたとは聞いたが、今回はまさしくフルモデル...