日本製紙石巻4強!斎藤侑馬、震災の町を野球の町に – 日刊スポーツ

日本製紙石巻4強!斎藤侑馬、震災の町を野球の町に  日刊スポーツ

日本製紙石巻(宮城)が投打の最年長コンビの活躍でTDK(秋田)との企業チーム対決を制し、準決勝に進んだ。チーム最古参の先発左腕・斎藤侑馬(30=武蔵大)が、6回8安打も要所を締め無失点。打っては家古谷(けごや)翔太(30=横浜商大)が先制適時打を含む2安打と気を吐いた。 ◇ ◇ ◇ 日本製紙石巻の三十路(みそじ)コンビが投打でチームを引っ張った。先発の斎藤侑は最速132キロながら、絶妙にコースを投げ分け無四球。5回表1死満塁でも打たせてピンチを切り抜けた。「何とか粘って先発として最低限の仕事はできましたかね」とベテランらしく淡々と振り返った。 TDKのプロ注目右腕・小木田敦也(20=角館)には、家古谷が先制パンチを浴びせた。2回裏2死二塁と最初のチャンスをきっちりものにする左前適時打。「いい投手なので何とかつなごうと思っていた」。前田直樹監督(41)は「今日勝つのと勝たないのとでは大きすぎる差がある。斎藤侑はウチで一番信頼できる投手。家古谷も春先は調子が上がらなかったけど経験を買った。いい仕事をしてくれた」とたたえた。 選手で東日本大震災を知るのは斎藤侑だけになった。被災者への思い、そして地元の期待は誰よりも感じている。「勝つことで喜んでくれればという思いはずっとある」。そして「石巻は震災の町と言われるけど、いつか野球が強い町と言われるようにしたい」と希望を口にした。 斎藤侑...