西武継投失敗サヨナラ負け 辻監督「平井もずっと」 – 日刊スポーツ

西武継投失敗サヨナラ負け 辻監督「平井もずっと」  日刊スポーツ

西武は今季3度目のサヨナラ負けを喫し、2位浮上のチャンスを逃した。 7回、1点を勝ち越した場面で中継ぎエースの平井ではなく、新人森脇を投入して追いつかれ、10回から登板した平井がロッテ鈴木に手痛い一打を浴びた。辻発彦監督(60)は「(森脇は)踏ん張って同点で切り抜けたわけだし、結果で言いたくはない。平井もずっと素晴らしい投球をしてるしね」と選手を責めなかった。