阪神梅野「追いつくというよりは」好機三振を反省 – 日刊スポーツ

阪神梅野「追いつくというよりは」好機三振を反省  日刊スポーツ

阪神梅野隆太郎捕手が6回の好機で凡退したことを悔やんだ。1点差に迫り、なおも2死二、三塁のチャンス。 粘ってフルカウントまで持ち込んだが空振り三振に倒れた。試合後は「チャンスで打てなかったのは悔しい。追いつくというよりは、追い越さないと。流れを持ってくることができなかった」と唇をかみしめた。