スチュワートはゴルフも別格 ベストスコア「65」 – 日刊スポーツ

スチュワートはゴルフも別格 ベストスコア「65」  日刊スポーツ

ソフトバンクの新外国人カーター・スチュワート・ジュニア投手(19=東フロリダ州立短大)が3日、福岡市内のホテルで入団会見を行った。 6年620万ドル保証で、出来高を含めると1200万ドル(約13億2000万円)の大型契約とみられる。今季推定年俸は1億1000万円。昨年全米ドラフトでブレーブスから1巡目指名された怪物はゴルフの腕前も規格外。「6年間で日本で一番の投手を目指す」と目を輝かせた。 198センチ、91キロの大きな体にスーツ姿。でも表情はあどけない。期待の19歳に無数のフラッシュが浴びせられた。場所は過去に松坂らが入団会見を行ったヤフオクドームに隣接する高級ホテル。 超VIP待遇で三笠取締役GMから背番号2のユニホームを着せてもらうと笑顔でポーズを取った。「質の高い野球を6年やり、日本で一番の投手になりたい」と目を輝かせた。 昨年の全米ドラフト1位右腕を獲得した三笠取締役GMは、その理由について「身体能力が優れているから」と明かした。野球以外でも規格外の腕前を持つ象徴が、趣味のゴルフだ。3歳で始め、日本にも愛用のクラブを持ってきた。「ベストスコアは65」と笑顔でサラリ。ドライバーでは巨体を生かし、何と360ヤードをかっ飛ばすという。 「65」のスコアは米国男子ゴルフツアーでも、首位争いができるレベル。松山英樹プロの平均飛距離は304ヤード。360ヤードのスチュワートの飛...