ソフトバンク痛恨挟殺プレー、松田宣らしくないミス – 日刊スポーツ

ソフトバンク痛恨挟殺プレー、松田宣らしくないミス  日刊スポーツ

ソフトバンクが打てず守れずで首位楽天に3連敗。3位転落で交流戦を迎えることとなった。打線は楽天美馬に6回1死まで完全に抑えられていた。甲斐が左翼ホームランテラスにチーム初安打となる5号ソロを放ったが、この日奪った得点はその1点のみだった。 守りでも2回に痛恨のミスが出た。2死一、三塁、打者堀内の時に一塁走者辰己が二盗。捕手甲斐は三塁走者銀次が飛び出していたのを見逃さず三塁へ送球した。三塁手松田宣は数歩追って甲斐へ返球。甲斐と三塁走者の距離が大きく、追いつかずに誰もカバーがいない三塁に戻してしまった。二、三塁にし堀内に右翼フェンス直撃の2点適時打を浴びた。この2点が重かった。 本多内野守備走塁コーチは「防ぎようはあった。(追わずに)すぐに捕手へ返球し三塁へ戻るか、しっかり追って(二塁ベースカバーから三塁ベースカバーへ走って来る遊撃手が来るまで)時間稼ぎをしないといけない」と説明。三塁を守り続ける松田宣らしからぬ判断ミスだった。貯金2で4日から交流戦へ突入する。工藤監督は「気持ちを切り替えて交流戦は戦っていきたい」。工藤政権過去4年で3度勝率1位の得意の交流戦でチームを立て直す。【石橋隆雄】