野球好き歌手が選んだ5月ベストナイン/セ・リーグ – 日刊スポーツ

野球好き歌手が選んだ5月ベストナイン/セ・リーグ  日刊スポーツ

5月15日に新曲「真人間入門」でメジャー再デビューを果たした野球好き歌手、河野万里奈がプロ野球セ・リーグの5月ベストナインを選出した。 「僭越ながら、個人的に胸に響いたベストナインを選ばせていただきました。軸にした視点は、『その瞬間の輝きが強かった』『ぜひ伝えたい素敵な成績、エピソードがあった』の2つです。各ポジション1人に絞るのがとても難しかったです。より野球を、野球選手さんを、好きになる一助となれたら嬉しいです」(河野万里奈) 野球好き歌手が選んだ5月ベストナイン/パ・リーグ 先発投手=今永昇太(DeNA) 我らの福岡が生んだベースボール・アーティスト。帰ってきた左腕は頼もしく、防御率1.47、勝利数6で単独トップの堂々2冠(5月31日時点)。上茶谷投手のTwitterアイコンに今永投手の写真がなぜか抜擢されており、上茶谷投手の投稿なのに今永投手の言葉みたいになっている怪奇現象も味わい深い。我慢の年だった去年に比べて明るい表情が見られることが嬉しい5月だった。これからもいっぱいガッツポーズをしていっぱい笑ってキュートな八重歯を見せびらかしてほしい。 5月17日のヤクルト対DeNA 5回裏ヤクルト2死二塁、青木を遊ゴロに仕留めガッツポーズする今永(撮影・足立雅史) ☆迷った枠 山口翔(広島) 「5月下旬、日本全土にファンが急増した野球選手ランキング」1位(河野調べ)と思われ...