阪神原口が適時打「野球人生リスタート」一問一答 – 日刊スポーツ

阪神原口が適時打「野球人生リスタート」一問一答  日刊スポーツ

大腸がんからの再起を目指してきた阪神原口文仁捕手(27)が9回に代打で出場。左越えの適時二塁打を放った。昨年10月13日の中日戦以来となる1軍戦出場。鮮やかな復活打でチームの大勝発進に貢献した。試合後の原口の談話は以下の通り。 --1軍復帰戦 原口 緊張感はファームで初めての時の方があったんですけど。終わってみたら、緊張感はあったのかなと後で思いました。 --スタンドからすごい声援 原口 しっかり目に焼きつけるようにスタンドを見て打席に入りました。最後に甘いボールが来たので、それをしっかりとらえられた。頭を越えるかな、ぐらいに思っていたんですけど。 --チームメートからも祝福 原口 ベンチに帰って皆さんからも祝福されて、すごくうれしかったです。矢野監督がボールを手渡してくれたのも1つのサプライズでした。 --1軍復帰が決まってから、どういう心境 原口 若干緊張はありましたけど、これから野球人生リスタートだと思いながら今日を迎えられました。 --いろんな思いがあった 原口 ヒーローインタビューでは伝えきれないことが本当にたくさんあるんですけど。支えてもらった家族であったり、ファンの方であったり、チームでもスタッフの皆さん、選手の皆さん、本当に感謝しかない。1軍の舞台に帰ってきて1打席目でヒットが出た。たくさんの方に感謝したいです。 --これからは 原口 今日1本目が出た。自分の...