微妙な判定に泣いた日本=日米大学野球 – 時事通信ニュース

微妙な判定に泣いた日本=日米大学野球  時事通信ニュース

日本は微妙な判定に泣かされた。1点リードで迎えた八回の守り。1死走者なしから米国の打者は右翼に平凡なフライを打ち上げたが、球審は捕手の打撃妨害と判断した。