久光製薬が東京五輪へのキャンペーンを誰でも応募できるようにした理由 – マイナビニュース

久光製薬が東京五輪へのキャンペーンを誰でも応募できるようにした理由  マイナビニュース

2018年も残すところ半月を切った。2019年となれば、「東京2020オリンピック・パラリンピックの開催まであと1年」というムードも醸成されてくるため、いよいよ五輪が間近に迫った感が出てくるだろう。 そして大会が近づくにつれ、五輪のスポンサー企業も大会を盛り上げるべく、各種応援キャンペーンに力を入れ始めるようになる。例えばアサヒビールは、抽選で150組300名に東京2020競技大会の観戦チケットが当たるキャンペーンを実施。P&Gも東京2020の水泳決勝チケットが当たるキャンペーンを展開するなど、さまざまな手法で国民の五輪熱を高めようとしている。 こういったキャンペーンは、商品の購入者を対象とした「クローズドキャンペーン」が多いが、外用鎮痛消炎剤のカテゴリーにおける東京2020オフィシャルパートナーの久光製薬は、あえて誰でも参加可能な「オープンキャンペーン」を実施。同社の担当者にその狙いを伺ったので紹介しよう。 久光製薬は現在、「久光製薬 HELLO! TOKYO 2020 『貼るを、未来へ。』キャンペーン」を実施している。パソコンやスマートフォンから専用サイトにアクセスし、クイズに答えて応募すると抽選で合計2,020名に東京2020オリンピック・パラリンピックに関連した賞品が当たるというものだ。 なぜ今回、オープンキャンペーンを実施したのか。久光製薬の五輪担当者はこう語る。 ...