Slackで障害 メッセージ送信などに不具合【解消済み】 – ITmedia NEWS

Slackで障害 メッセージ送信などに不具合【解消済み】  ITmedia NEWS

企業向けコラボレーションツール「Slack」で、5日午前10時30分ごろから障害が発生している。メッセージの送信、リンクプレビュー、ファイルアップロード機能などに不具合が出ている。 追記:2019年4月5日午後8時30分 米Slackは午後5時51分(日本時間)に障害の解消を発表した。障害の原因となっていたコアサービスの設定を変更することで対処したという。 (追記ここまで) Slackのステータス画面 午前11時50分現在、米Slackがサービス稼働状況を告知しているステータス画面をみると、「Messaging」「Link Previews」「Posts/Files」「Apps/Integrations/APIs」「Workspace/Org Administration」の項目が「Outage」(停止)状態になっている。 同社は午前10時31分に「全顧客に、ファイルアップロード、展開、カスタムレスポンスなどの機能障害が発生している」と発表。以後30分ごとに状況の詳細を報告しており、午前11時32分時点では「障害は継続中で、原因を調べている」としている。 30分ごとに詳細に報告を上げている 関連記事 - GmailとGoogleドライブで障害 メールの送受信や添付ファイルのダウンロードなどが安定せず【追記あり】 - Gmailの障害原因が明らかに 設定変更に“副作用” - ソ...