町田、今年のJ1昇格は不可能に…水戸にJ1ライセンス、秋田にJ2ライセンス交付決定 – SOCCER KING

町田、今年のJ1昇格は不可能に…水戸にJ1ライセンス、秋田にJ2ライセンス交付決定  SOCCER KING

Jリーグは27日、2019シーズンのJリーグクラブライセンス判定について発表した。J1ライセンスは昨年までの40クラブに、新たに水戸ホーリーホックを加えた41クラブへ交付される。J2ライセンスは、現在明治安田生命J2リーグで自動昇格圏の2位のFC町田ゼルビアなど水戸を除いた昨年までの6クラブと、明治安田生命J3リーグで現在6位のブラウブリッツ秋田の合計7クラブに交付される。またこれにより町田は今季、最終順位にかかわらずJ1に昇格することはできず、参入プレーオフの出場資格も与えられない。 Jリーグでは、独立した第三者機関「クラブライセンス交付第一審機関(FIB)」がクラブライセンス制度を運営。同機関はアジアサッカー連盟(AFC)のライセンスに準拠しながら日本版にカスタマイズしたクラブライセンスの交付判定を行っており、クラブから提出された申請に基づいて財務状況やスタジアムのスペック、アカデミー部門の運営などに応じたクラブライセンスを発行している。J1ライセンスを持たなければ順位基準(J2リーグ戦2位以内)を満たしてもJ1に昇格を認められないなど、Jリーグを運営するうえでの重要な判断基準となる。 初めてJ1ライセンスを取得した水戸は公式サイト上で以下のように声明を発表している。 「水戸ホーリーホックに初めてJ1クラブライセンスが交付されることになりました。今回のJ1クラブライセンス...