森保一監督、親善試合と南米選手権の選出プラン語る – 日刊スポーツ

森保一監督、親善試合と南米選手権の選出プラン語る  日刊スポーツ

日本代表と東京オリンピック(五輪)世代のU-22(22歳以下)を兼任する森保一監督(50)が視察した。 東京ヴェルディは東京五輪世代で臨んだ18年のトゥーロン国際大会に出場したMF井上潮音(21)や、同8月のアジア大会に出場したMF渡辺皓太(20)、U-20日本代表MF藤本寛也(19)ら年代別代表経験者が多く先発に名を連ねた。 試合後に取材に応じた森保監督は「これまで招集させてもらっている選手もいますし、東京五輪にむけての選手のスカウティングと、より多くの試合を見るという考えのもと、今日も見させてもらいました。ロシアW杯でも仕事をさせてもらったテグさん(長崎の手倉森監督)も頑張っておられますし、スタッフとのコミュニケーションも、Jクラブの方々とのコミュニケーションもとれてよかったと思います」と視察を振り返った。 7日には今月下旬から始まるU-20W杯ポーランド大会に臨むメンバー発表を行い、6月1日からは東京五輪世代で臨むトゥーロン国際大会も控える。6月5日と9日にはA代表の国際親善試合、そして同14日からは南米選手権と、各カテゴリーで国際大会がめじろ押しとなっている。各大会の選手選考については「選手のことを考えて、どの大会でプレーしてもらった方が一番適しているのか、成長につながるのかということは考えて意見を出し合って、日本サッカー界の宝である選手たちを少しでも伸ばしていけるよ...