熊本が北九州との直接対決制し首位浮上…10位以下は大混戦/J3第10節 – SOCCER KING

熊本が北九州との直接対決制し首位浮上…10位以下は大混戦/J3第10節  SOCCER KING

明治安田生命J3リーグが5月30日から6月2日にかけて各地で行われた。 3位ロアッソ熊本は首位ギラヴァンツ北九州との首位攻防戦を制し2位と勝ち点差「2」をつけて首位に浮上した。2位カマタマーレ讃岐はガイナーレ鳥取に1-0と競り負け他の上位陣を突き放すことはできなかった。 結果2位から6位までの勝ち点差は1に詰まっており、10位から15位までの6チームは同じ勝ち点12で混戦となっている。 今節の結果と順位表は以下の通り。 ■J3第10節 セレッソ大阪U-23 0-3 ヴァンラーレ八戸 ガイナーレ鳥取 1-0 カマタマーレ讃岐 ザスパクサツ群馬 4-1 FC東京U-23 SC相模原 1-0 いわてグルージャ盛岡 ブラウブリッツ秋田 0-2 福島ユナイテッドFC アスルクラロ沼津 1-3 Y.S.C.C.横浜 AC長野パルセイロ 1-2 カターレ富山 ガンバ大阪U-23 3-1 藤枝MYFC ギラヴァンツ北九州 1-2 ロアッソ熊本 ■J3順位表 1位 熊本(勝ち点20/得失点差+5) 2位 北九州(勝ち点18/得失点差+5) 3位 讃岐(勝ち点18/得失点差+3) 4位 富山(勝ち点17/得失点差+3) 5位 C大23(勝ち点17/得失点差+2) 6位 藤枝(勝ち点17/得失点差-2) 7位 G大23(勝ち点15/得失点差+6) 8位 相模原(勝ち点14/得失点差0) 9位 岩手...