ジャガー・ランドローバー、英ソリフル工場2週間停止 中国販売急減 – ロイター (Reuters Japan)

ジャガー・ランドローバー、英ソリフル工場2週間停止 中国販売急減  ロイター (Reuters Japan)

インドの自動車大手タタ・モーターズ(TAMO.NS: 株価, 企業情報, レポート)の傘下で英最大の自動車メーカーのジャガー・ランドローバー(JLR)は、英ソリフル工場で今月22日から2週間にわたって操業を停止することを明らかにした。米国との貿易摩擦を背景に、中国での販売が50%近く減少した。 JLRの広報担当者は「利益を生み出す成長を目指す戦略の一環として、当社は効率的な経営に注力している。必要に応じて供給を調整し、世界の需要変動に対応する」と説明した。 2週間の操業停止に伴う人員削減は予定されていないという。 JLRは先月、イングランド中部のキャッスルブロムウィッチ工場で、10月から12月初めまで操業日数を週3日に減らす方針を発表している。[nL3N1W33X2] JLRは、販売台数のおよそ45%がディーゼル車。一部の国では大気汚染対策として、ディーゼル車を取り締まったり、税金を引き上げたりするなどの措置を取っており、ディーゼル車への逆風が強まっている。