鹿島「世界戦える」営業収入クラブ史上最高73億円 – 日刊スポーツ

鹿島「世界戦える」営業収入クラブ史上最高73億円  日刊スポーツ

鹿島アントラーズは25日、鹿嶋市内で株主総会と18年度決算報告会を行い、営業収入がクラブ史上最高の73億円だったと発表した。 これまでの最高額は16年度の56億円だった。ACL優勝賞金やクラブW杯の賞金、またDF昌子、植田、FW金崎らの移籍金による収入が大きかったという。 世界を目指すクラブは将来的な100億円規模の経営を目標としており、中期目標である70億円を今回初めて突破した。庄野社長は「いろんな事業拡大をしながら、世界で戦える、Jリーグをリードするクラブを目指したい」と話した。最終決算は4・3億の黒字だった。