インテル、向こう3年間の増収率は1桁台前半の見通し – ブルームバーグ

インテル、向こう3年間の増収率は1桁台前半の見通し  ブルームバーグ

インテルは向こう3年間の増収率が1桁台前半となり、主力のパソコン(PC)用チップは横ばいから微減になるとの見通しを示した。これを受けて株価は下落した。