サッスオーロとともに11年…伊4部から欧州の舞台へ駆け上がったマニャネッリ – SOCCER KING

サッスオーロとともに11年…伊4部から欧州の舞台へ駆け上がったマニャネッリ  SOCCER KING

今シーズンのセリエAの話題をかっさらったのは、5年連続スクデットを獲得したユヴェントスとマッシミリアーノ・アッレグリ監督だろう。8日の第37節では最下位ヴェローナに敗れて、「アッレグリ監督が緩いからこうなるんだ。歴代の名監督なら落とす試合じゃなかった」とサポーターからの怒りの声も上がったが、21日のコッパ・イタリア決勝はベストメンバーでなくとも、延長戦を制して2冠を達成し、常勝軍団の威厳を保った。 そんなアッレグリ監督が、8年前の2008年にセリエCからセリエBへと昇格させたのが、サッスオーロだ。今シーズン3年目のセリエAを6位で終えたサッスオーロは、ヨーロッパリーグ予備戦からの出場権をもぎとった。もちろんこれはクラブ史上初めての快挙。2015-16シーズンのベスト・サプライズ賞があるならば、このサッスオーロに贈りたい。 サッスオーロを率いるディ・フランチェスコ監督 [写真]=Getty Images 現在チームを率いるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督は、恩師ズデネク・ゼーマン監督のサッカーを受け継ぎ、就任当時の2012-13シーズンから4-3-3のシステムでやってきた。一時は解任&再就任で約1カ月間、チームを離れたこともあったが、監督のサッカーがチームに浸透したことで、今シーズンの快挙につながったのだ。21日のコッパ・イタリア決勝の夜は街一番の大きな広場に集まり、大スク...