シャルケのハイデル氏、今季限りでの退団を表明「責任は私自身にある」 – SOCCER KING

シャルケのハイデル氏、今季限りでの退団を表明「責任は私自身にある」  SOCCER KING

シャルケでマネージャーを務めてきたクリスチャン・ハイデル氏が、今シーズン限りで退任する意向を明かした。ドイツ誌『kicker』日本語版が24日に伝えている。 シャルケは23日、ブンデスリーガ第23節でマインツに0-3と完敗。ハイデル氏にとっては古巣相手の完封負けとなったが、試合後に以下のようにコメントしている。 「競技面における責任は私自身にある。それは昨夏まではOKだったのだが、今シーズンは思惑通りにはいかなかった。そのことは正直に認めなければならないし、正しい方向に向かっているとはいえないだろう」 「私は常に一貫して臨んでおり、私が責任を果たしているとはいえない状況にある。私個人のことに関する議論も影響した。クラブに対して常に落ち着きをもたらしてきたのだが、それが今はできていない。私自身がその要因となってしまっているのでね。私の契約はこの夏いっぱいまでで、和解金などは特に発生しない。それまで責任をもってクラブで従事していく」 シャルケは今シーズン、ブンデスリーガ第23節終了時点で6勝5分け12敗、勝ち点「23」で14位に低迷している。 【関連記事】 ●ラフィーニャが、コヴァチ監督への不満を吐露(『kicker』日本語版) 【日程一覧】CL決勝トーナメントついに開幕! ラウンド16の日程をチェック! ●あなたは知ってた? 実は血縁関係にある世界のサッカー選手たち ●実はバロ...