【試合を終えて】北海道コンサドーレ札幌vsヴィッセル神戸 監督・選手コメント – Football Tribe Japan

【試合を終えて】北海道コンサドーレ札幌vsヴィッセル神戸 監督・選手コメント  Football Tribe Japan

明治安田生命J1リーグ第9節・北海道コンサドーレ札幌対ヴィッセル神戸が4日午後に札幌ドームで行われ、北海道コンサドーレ札幌が2-1で逆転勝利を収めた。 約34500人のファンが詰めかける中で行われた注目の一戦は、3分にヴィッセル神戸の元スペイン代表FWダビド・ビジャがペナルティエリア内からファーストシュートを放つと、コンサドーレも積極的にゴールを狙う姿勢を打ち出す。 両チームともに少ないタッチ数でパスを回す志向が強く、非常にテンポの速いゲーム展開となる中、多くの決定機を作るものの前半はスコアレスで終了。 後半も前半と変わらずテンションの高い状態で試合は進むが62分、日本代表DF西大伍がFW古橋亨梧からのパスを受けてペナルティエリアに侵入すると、コンサドーレ守備陣に倒されPKを獲得。これをビジャが冷静に沈め、ヴィッセル神戸が先制する。 しかしコンサドーレも68分、右サイドからのFKのこぼれ球をDF進藤亮佑がバイシクルで叩き込み、すかさず同点に追いつく。さらに74分、鈴木が右サイドからのクロスにヘディングで合わせると、これがゴールマウス右隅を揺らし、わずか6分間で逆転に成功する。 その後も両チーム拮抗した展開となるが、試合はこのまま2-1で終了。コンサドーレは公式戦6連勝を飾った一方、ヴィッセルは監督交代なども経て5連敗となっている。 1、ヴィッセル神戸:吉田孝行監督 (記者会見...