本田圭佑が感じた「煽ってきた責任」の重さ。「自分たちのスタイル」が結果を残せなかった理由とは?【日本代表平成の激闘史(11)】 – フットボールチャンネル

本田圭佑が感じた「煽ってきた責任」の重さ。「自分たちのスタイル」が結果を残せなかった理由とは?【日本代表平成の激闘史(11)】  フットボールチャンネル

平成22(2010)年南アフリカワールドカップ16強という予想外の成功で、当時26歳の長谷部誠や24歳の本田圭佑、23歳の長友佑都といった20代半ばの面々が自信をつけ ...