磐田荒木V弾で1次L突破「結果残せて良かった」 – 日刊スポーツ

磐田荒木V弾で1次L突破「結果残せて良かった」  日刊スポーツ

ジュビロ磐田が2年連続の1次リーグ突破を決めた。 0-0の後半41分、途中出場のMF荒木がドリブルから左足でシュート。DFに当たってコースが変わり、そのままネットに突き刺さった。今季公式戦1号が、値千金の決勝点となった荒木は「ここまで点が取れていなかったので、結果を残せて良かった」と笑顔だった。