京都が効率的3発快勝 横浜FC攻守精彩欠き6敗目 – 日刊スポーツ

京都が効率的3発快勝 横浜FC攻守精彩欠き6敗目  日刊スポーツ

横浜FCは京都サンガに1-3で完敗し、令和初戦は黒星発進となった。横浜FCのFWカズ(三浦知良、52)は4月18日の練習で左太ももを痛め別メニュー調整が続いておりベンチ外だった。 京都は前半12分、右サイドを突破したDF石櫃洋祐(25)のクロスをFW大野耀平(24)が頭で合わせ先制。横浜FCは前半終了間際、FW戸島章(27)の左足シュートで同点に追いつき、前半を1-1で折り返す。 後半2分、京都は直接FKからMF仙頭啓矢(24)が左足で押し込み勝ち越し。京都はさらに後半15分、横浜FCのDFの連係ミスを突き、MF重広卓也(24)が試合を決定づけるゴールを決めた。横浜FCは攻守に精彩を欠き、今季6敗目となった。